楽天カードのキャッシング枠とは

楽天カードを申し込もうと思いたち、情報入力画面に入ると聞かれるのがキャッシング枠。

キャッシング枠…あまり聞き慣れない言葉ですが、これは一体全体何のことなのでしょうか。今回はそれについて解説していきます。

キャッシング枠とは

楽天カードにおけるキャッシング枠とは、つまりどれだけキャッシング出来るかを指します。

そしてキャッシングというのは、クレジットカードを使ってATMから現金を直接引き出すという事を指します。つまり…

キャッシング:クレジットカードを使ってATMから現金を引き出すこと

キャッシング枠:どれだけの現金を引き出せるかの上限

という感じで覚えておけばOKです。

しかし…キャッシングなんてする意味はあるのでしょうか?具体例を添えて、もっと詳しく説明していきましょう。

キャッシング枠を設定すると出来ること

キャッシング枠とはどういう意味なのでしょうか?名前は聞いたことはあるものの、その意味や使い方、クレジットカードとの違いなどを理解していない人も多いでしょう。

楽天カードの申込時にキャッシング枠を設定すると、設定した枠までの現金を直接ATMより引き出すことが可能になります。

例えばキャッシング枠を10万円に設定すると、最大ひと月10万円まで現金をATMから引き出すことが可能になるのです。

ATMから現金を引き出すのであれば銀行のキャッシュカードと対して違わないと思うかもしれませんが、キャッシング機能を使う場合、口座に現金が入っている必要が無いのです。口座に1万円しか入っていなくても、キャッシング機能を使えば10万円を引き出すことも可能なのです。

これだけ聞くとどう考えても近いうちにクビが回らなくなってしまいそうで、あまり現実的ではないように思えてきます。なので具体的な例を出して解説してしましょう。

キャッシング枠を有効活用できる具体的な例

例えば給料日が25日で、毎月20万円入ってくるとします。口座には5万円入っており、現在は20日。あと5日待てば口座に給料が振り込まれるという状況です。

余裕を持ってウィンドウショッピングをしていると、どうしても欲しい靴が今日限定の4割引きで3万円で売っていました。これは買うことが出来ますが、そうなるとあと5日を2万円で過ごさなくてはなりません。5日を2万円で過ごすくらいは余裕だと思っていたら…

なんと遠い親戚がバナナの皮で滑った勢いで豆腐の角に頭をぶつけて亡くなったという電報が家に届きます。そして家族のつながりを大事にする田舎の両親は明日の通夜までに茨城県の度井中村まで帰って来いと言われてしまいました。

現在口座には2万円、しかし故郷の度井中村に行くにはバスと駕籠と牛車を乗り継いで最低でも4万円は掛かります。現在の残高は2万円。口座をひっくり返しても4万円なんて出せるはずが有りません…もちろん茨城ではバスも駕籠も牛車もクレジットカードなんか使えず、現金しか受け付けていません。

茨城県民が主に使う交通手段「駕籠(かご)」私も茨城に生まれて駕籠と共に育ってきました。

そこで初めて役に立つのがキャッシングです。キャッシングを使えば口座に残高が無くてもキャッシング枠を使ってATMから現金を直接引き出すことが出来ます。

こうして最寄りのセブンイレブンに設置してあるATMでキャッシング枠を使って現金を引き出すことによりバス・駕籠・牛車代を捻出し、田舎に帰る事が出来ました…

そして25日には給料も振り込まれたため、口座がマイナスになることもありませんでした。めでたしめでたし。

というわけですね。長くなりましたが、キャッシング枠があると本当に現金が必要なときにゲンナマを手に入れる事が出来るのです。

他には、海外で現金をATMから引き出すのにも使えます。こっちのほうがいくらか現実的ですね。

例えば海外旅行に来ているとして、現地で思ったよりクレジットカードが普及しておらず…思ったより現金の出費が多かったとします。

空港で現地通貨を手に入れたものの、2日目の夜にしてほぼ尽きかけている…という場合、海外のATMに楽天カードを入れればキャッシング枠を消費して現地通貨をそのまま引き出すことが出来ます。

キャッシング枠のデメリット

そんなうまい話がほんとうにあるのでしょうか?カードをATMに突っ込むだけで現金が打ち出の小槌のようにジャブジャブ出てくるようなことが?

もちろんキャッシングにはデメリットが存在します。特に現金を即捻出しないと生きていけないような人の首を石綿で締めるようなデメリットが…

キャッシング枠のデメリットは大きく分けると3つあります。

デメリット1.金利が高い

キャッシングというのはあればあったで非常に役立つ便利なものなのですが、金利が高くなっています。つまるところ現金を貸し出しているわけですから、本質的には消費者金融と大きな違いは有りません。

楽天カードのキャッシングの利息は年利18%ですが、これは金貸しが金を貸す時の法律上限最大の金利となっています。

といっても早く返済すれば問題はありませんけどね。例えば上の例にのっとって4万円借りたとして、1ヶ月後に返済した場合このような計算となります。

4万円×18%÷365×30日=592円

4万円を1ヶ月借りても592円の金利しか付きません。金利に付きまとう謎の恐ろしいイメージはいつまで経っても返済しない自堕落な債務者によって産み出されたものというわけです。

仮に4万円の借金を半年放置していた場合、その金利は3550円まで膨らみます。もし10倍の40万借りていた場合、金利も35,500円となっていきます。早期返済は大事ですね…

キャッシング枠を使って借りた現金は一括返済、もしくはリボ払いで複数回に分けた支払いを選択することが出来ますが、もし使う場合は可能な限り一括返済を選択しましょう。そうすれば債務なしにアディーレも手を出せない法律ギリギリの金利も怖く有りません。

デメリット2.楽天カードの審査時間が伸びる

あなたは口座に現金が全く無く、やむを得ない事情で現金を借りるような人間に簡単にお金を貸せますか?これまでの人生で周りの人間が全員ジーザス・クライストか聖母マリアだった人以外は間違いなく全員いいえと答えるでしょう。

クレジットカード会社も全く同じ考えを持っています。クレジットカードを発行しようとしている客がキャッシング枠を付帯させたいと願い出た場合、クレジットカードの発行とはまた別に審査を行う事になっています。

つまりどういう事かというと、キャッシング枠を付帯させるとカード自体の審査に加えてキャッシング枠への審査が追加されるため、楽天カードの審査時間が伸びてしまうのです。

楽天カードは一週間での超高速発行を売りにしているのですが、キャッシング枠を付帯させようとするとその売りがあんまりなくなってしまいます。なので今すぐにクレジットカードがほしいという人はキャッシング枠はゼロに設定しておきましょう。

また、楽天カード自体の審査よりもキャッシング枠の審査のほうが厳しいと言われているため、自分のクレジットカードヒストリー、つまり今までちゃんと借金を返してきたかどうかに自信がない人、もしくは今まで借金をしたことがないという人もキャッシング枠を付けるのは危険です。

というのも、仮に楽天カードの審査に通ったとしても、楽天カードのキャッシング枠の審査に落ちてしまえば楽天カード自体も届かないからです。楽天カードを確実に手に入れたいのであれば、やめておきましょう。

デメリット3.不正利用されたとき補填されない

キャッシングをするのにはカード本体と暗証番号が必要なので不正利用されるのはなかなか難易度が高いのですが、それでも例えば暗証番号を後ろから覗かれてたりしたり、スキミングされたりと不正利用される可能性は0ではありません。

そしてもし万が一不正利用された場合、不正に引き出されたお金は基本帰ってきませんし、補填もされず、犯人を捕まえるのも簡単ではないようです。

カード本体と暗証番号が一緒に盗まれるということはあまりないとは思いますが、実際に起こり得るので…本当の本当に心配ならキャッシング枠は0円にしておいたほうがいいかもしれません。

キャッシング枠は学生でも付けられる?

楽天カードを持っている学生だが、海外旅行に行くのでキャッシング枠が欲しいという人もいるかもしれません。はたしてキャッシング枠は学生でも作れるのでしょうか?

答えは…「年齢による」です。基本、申込時に20歳以上なら学生でもキャッシング枠の申込みは可能です。ついでに言うと、20歳は成人とみなされるため、親の同意も必要ありません。

つまり今大学2年で20歳なら申込み出来ますし、19歳ならもう少し経って20歳になるまで申し込みできません。

ただし、2022年4月から成人の年齢が18歳に引き下げられ、18歳から契約当事者になれる等といった法律がついこの間(2018年5月)通りましたので、2022年4月の時点で18歳の人は18歳になった時からクレジットカードにキャッシング枠を付帯出来るようになるでしょう。

この法律のおかげで18歳から親の同意ナシにクレジットカードを作ったりキャッシング枠を付けたり何なりかんなり出来るようになるようです。ある意味うらやましいですね。

キャッシング枠は後からでも付けられる

キャッシング枠は楽天カードの発行時にスキップしても、後から付けられるので全く問題有りません。

もちろんキャッシング枠を付けるための審査が必要になってきますが、発行時と違ってカードが届くのが遅くなったり、それが元でカード発行がダメになったりはしません。なんていってもカードは既に手元にありますからね。

楽天カードに後からキャッシング枠を付けるには、楽天カードの総合案内サイトであるe-naviにアクセスし、ご利用状況の中よりご利用可能枠の変更を選びましょう。

Screenshot at Nov 19 16-32-09

 

次に下の方にあるご利用可能枠の増枠を選択します。

Screenshot at Nov 19 16-32-46

 

そしてキャッシングご利用可能枠の部分で好きな金額を設定するのみです。

Screenshot at Nov 19 16-33-17

5万・10万・20万・30万・50万の中より選ぶことが出来ます。自分の返済能力と相談して選びましょう。

もちろん低い額のほうが審査に通りやすいので、まず5万から初めて少しづつ上げていくというのもいいかもしれません。

もちろんあとで減額、0円まで減らしてキャッシング枠をなくすことも可能です。おすすめとしてはキャッシング枠無しで申請→カードが届いたらキャッシング枠の申請→やっぱり使わなかったら無くすという感じですね。

以上で楽天カードのキャッシング枠についての解説は終わりです。ご利用は計画的に…

コメント