イオンカードで公共料金を払うとお得!

公共料金…それは本当は払いたくないけど実際使っているから払わざるをえない…税金の次に気分が悪い支出です。
すなわち水道、ガス、電気携帯、インターネット…人によっては新聞・スカパーのような放送受信料ですね。
節約をするには固定費を減らすのが1番というのはどの節約術を説いた本にも書いてあることですが、これらは生きるのに必要なものなのでなかなか減らすことはできません。
そこで…今回は支払い量はそのままにお得にする方法について解説致しましょう。

公共料金をイオンカードで払おう

最近の公共料金の支払い方法は、ほとんど全部クレジットカード支払いに対応しています。
クレジットカード支払いに対応しているということはつまり…クレジットカード利用によるポイントが貯まるということにもなります。
イオンカードはクレジットカード支払いをすることによってときめきポイントが貯まります。ときめきポイントは1ポイント1円として使えるほか、イオンカードのポイントは貯めれば例えばネスカフェバリスタやルンバと交換することも出来ます。
Screenshot at Oct 30 17-37-24


公共料金の支払いによって毎年使う金額を考えれば、ずっと欲しかったけどなかなか手が出なかったあの商品にすぐ手が届いてしまうかもしれませんよ…?!

支払い可能な公共料金

公共料金をイオンカードで支払うことによってポイントが貯まるといっても、一体何が払えるのでしょうか?
その例を並べていきましょう。

電気・ガス・水道

THE・公共料金である電気・ガス・水道…これらは全てクレジットカード支払いに対応しているため、すべてポイント対象となります。
この3つは毎月おおむね決まった量の代金を払う必要があるので、ポイントの計算も楽でいいですね。

通信・受信・購読料

公共料金ではありませんが、現代のインフラとしてほとんど必須となっているのがこれらですね。
通信というのは例えば携帯電話、PHS、固定電話、インターネットといった通信料が入ります。
特に月賦でスマホを買っていると携帯電話料金はひと月1万円くらいになるので、かなりポイントが付くことになるでしょう。
受信というのはNHK受信料とBSやCSの受信料、他には人によってはスカパーやJ-com、あとはHuluやNetflixも受信に入りますね。
購読は新聞ですね。
インターネットの普及により物凄い勢いでその部数を減らしている新聞ですが、それでもとり続けている人はまだまだ沢山居ます。
これもクレジットカード支払いに対応しているので、お得にポイントが貯められちゃいます。

税金

税金は基本クレジットカード支払いをすることは出来ませんが…物によっては対応していたりします。怠慢な部署と先鋭な部署の違いなのでしょうか。
東京都と三重県玉城町だけはクレジットカードで納税することが可能です。
東京都に至っては個人事業税などもクレジットカードでの納税に対応しています。
県によっては固定資産税、自動車税、ふるさと納税もクレジットカードで行えるようなので、少しでもお得に義務の支払いを行いたいという人は自分の県がどう対応しているのかを確認してみるといいでしょう。

年金と保険

年金と保険もクレジットカード支払いに対応しています。
保険は民間がやっているので当然クレジットカード支払いに対応しているのは分かっていましたが、年金も対応しているとは驚きです。
納める人が少なくなってきたから支払い方法を楽にする方向にシフトしたのでしょうか。

どれくらいポイントが貯まるのか?

さて、支払わなくてはいけない義務みたいなお金を支払うことによってポイントが貯まるのがわかった所で、どれくらいのポイントが実際に貯まるのかについてちょっと計算してみましょう。
イオンカードは還元率0.5%のクレジットカードです。もし毎月…
水道代が5000円
電気代が5000円
ガスが5000円
携帯電話料金が10,000円
インターネット代が5000円
保険代が2000円
NHK受信料が1300円
年金が15,000円
を支払っていた場合、年間で2898ポイント溜まることになります。
ネスカフェバリスタが6000ポイントなので、公共料金だけでネスカフェバリスタを貰おうと思ったら2年かかりますが…逆に言うとこの金額は公共料金の支払いのみでたまるポイント量であるため、通常の買い物も合わせたら普通に1年以内に6000ポイントくらいはすぐに貯まることでしょう。

キャンペーンも利用するとさらにお得

イオンカードは公共料金の支払いをイオンカードにするとポイントが多くつくみたいなキャンペーンも行っています。
Screenshot at Jun 13 15-37-39


イオンカードの加盟店、今回の場合は東京電力やSoftBank、J-comなどといった店の定期定期な支払いをイオンカードでするとボーナスポイントがもらえるというキャンペーンが行われていることがあります。
このキャンペーンでは加盟店での支払いを行うと20〜の追加ポイントが貰え、その数が増えれば増えるほどボーナスが貰えるようになっています。
3加盟店での支払いを行えば100ポイントもらえますがイオンカードにおける100ポイントといえば2万円分の買い物と同意義ですからね。めちゃくちゃお得です。
新しい支払いを増やすこと無く、毎月の支払い方法をイオンカードにするだけで2万円分以上のポイントがつくと考えたら…めちゃくちゃお得ですね〜

コメント