イオンカードの審査に落ちたなら

イオンカードは比較的カンタンなクレジットカードとして知られていますが、それでも審査に落ちる人は存在します。
今回は審査に落ちた理由と、審査に落ちた場合どんなクレジットカードを手に入れるべきなのかについて解説していきましょう。

イオンカードの審査難易度

イオンカードの審査難易度ですが、実際の所どうなのかというとやはりかなり簡単と囁かれています。
クレジットカードの難易度を簡単にジャンルに分けて説明すると、携帯ローン系<カードローン系<流通系<その他…とこんなふうになっています。
イオンカードの審査難易度は下から3番目の流通系に当たります。上の太字になっている部分だけを読むと上から2番めに難しいカードなのではと思うかもしれませんが、実際はその他…のあとに信販系とか銀行系などのさらに上位の難易度のクレジットカードジャンルが続いていくので、相対的に見ると難易度は低めです。
個人的な感覚から言うとイオンカードは楽天カードよりは審査が厳しいものの、それでも難易度は全体から見るとかなり低めという感じです。
つまり、イオンカードの審査に落ちた場合は業界で最も簡単と言われている楽天カードすら通らなそうな深刻な問題を抱えている可能性があると考えていいでしょう。

イオンカードに落ちても手に入りそうなクレジットカード

イオンカードというかなり審査が甘めのカードに落ちてもまだ審査に通りそうなクレジットカードは思いつくところでは2つあります。

楽天カード

まずは楽天カードです。
楽天カードはクレジットカード業界の中でも特に審査が甘いという事でも有名です。
その審査の甘さから、「職業欄に適当にスナイパーって書いたけど普通にカードが発行された」という都市伝説が広く信じられています。
ただ実際に楽天カードは主婦・アルバイト・無職といった明らかに本来ならクレジットカードを作れない人でも作れるので、本当に誰でも作れるカードという点では間違っていないようです。
楽天カードはそもそもとにかくたくさんカードを発行してその手数料で儲けようという魂胆のクレジットカードであるため、来る者は拒まずというスタンスでクレジットカード会社を運営しています。
薄利多売の商売原理をクレジットカード業界に持ち込んだわけですね。
そもそも何で他のクレジットカード会社がそれを今までやっていなかったのかというと、クレジットカードというのは信用とリスクの商売だからなんですね。クレジットカードというものはお金を貸して月末に一括で返してもらうという仕組みを取っていますが、もし月末に一括で返してもらえなければそれは全部会社の損となるわけです。
誰にもかれにもカードを発行してしまうと、返済能力のない人にまでカードが行き渡ってしまい、客は増えたのに逆に赤字が増えてしまう…という事になりかねないため、クレジットカードは厳しい審査をして客をふるいにかけていたわけです。
それをあえてリスクを覚悟で誰にでもカードを発行しているのが楽天カードなのです。
楽天カードはイオンカードに比べて審査が簡単めなので、もしイオンカードに落ちてしまっても楽天カードなら大丈夫というケースがあるかもしれません。
また、楽天カードは申し込みから1日で審査の合否がわかり、1週間で手元に届くのでいますぐクレジットカードが欲しい人にもおすすめです。

カードローン系クレジットカード

楽天カードよりもさらに審査が簡単と言われているのがこのカードローン系クレジットカードです。
カードローン系クレジットカードというのはいわゆるアコムやプロミス、モビットといった消費者金融系の所が発行しているクレジットカードで、これもまた審査がかなり甘い傾向にあります。
先程も話しましたが、クレジットカードを発行するというのはつまり、発行した相手に逃げられて貸したお金を返してもらえなくなるリスクを取るという事にもなります。
カードローン系のクレジットカードはこのリスクを、金利を上げるという事によってカバーしています。
例えばイオンカードを60回の分割払いで支払った場合、実質年率は12%となりますが、モビットの場合18%となってきます。
最大金利が6%も違ってくるわけです。超ざっくり言えば100万円分買い物をすれば6万円も無駄に多く支払うことになります。
ただ、その分審査はかなり簡単めになっているので、イオンカードも楽天カードも落ちた人でも審査に通るという可能性があります。
また…金利が高くても常に一括払いをしていればほとんど関係ないので、何でもいいからカードがほしいという人は一括払いで常に払うと心に決めたうえで消費者金融系カードを申し込んでもいいかもしれませんね。

イオンカードの審査に落ちた原因

イオンカードの審査に落ちる原因ですが、大きく分けると3種類あります。

年収等の最低基準を満たしていなかった

クレジットカードは信用のカードです。商品の代金を肩代わりしてあげ、月末に一括で返してもらうというやり方で商売を成り立たせています。
そのため、クレジットカードを発行する側は、お客に対して最低限の年収や身分を持っていることを要求します。なので審査をして合否を決めるわけですね。
もしイオンカードの審査に落ちてしまったのであれば、それは恐らくイオンカードの定めるところの年収、もしくは職業といった審査基準を満たしていなかったからである可能性があります。
また、年収が高くてもいきなり上がりすぎていたり、もしくは最近就職したばかりだった場合でも審査に落ちる可能性があります。
イオンカードは審査に落ちた理由は教えてくれませんが、もし何かしら当てはまるものがあった場合はそれが原因かもしれません。

過去にクレジットカードを使った履歴がなかった

クレジットカード会社が審査をする際は年収や職業を見ますが、他にもクレジットカードの使用履歴も見ています。
クレジットカードを使ったことがなければクレジットカードを作れないというのは非常に矛盾している気がしますが、確かにクレジットカードを使ってちゃんと返済していた人のほうがクレジットカード会社にとって信用に足る人物であるという点も納得できます。
しかしながらクレジットカード使用履歴というのはクレジットカードのみならず、携帯電話の支払いローンも含まれます。
携帯電話を新しく購入する際、月賦で通信料にスマホ代金が上乗せされますよね?あれは月賦とかスマホ代金とか通信料みたいな名目でごまかされていますが、つまるところは携帯電話を買うためのローンなのです。
クレジットカード会社はクレジットカード利用履歴に加えてローンを借りて返したかもきっちり見ています。
もしいい年してクレジットカードの利用履歴も無ければ、ローンもしたことないという人がクレジットカードを発行したいと言ってきた場合…クレジットカード会社側はその人をどう信用していいのかという基準が全く無いため、うまく審査できずに落としてしまうということがありえるのです。
学生や若い人の場合は年齢から見ると仕方ないと言う事でクレジットカード・ローン履歴は無視される事が多いのですが…そうでない場合はこの理由で落とされているのかもしれません。
もしこれが当てはまる場合はiPhoneなんかを月賦で買ってみてもいいかもしれませんね。

キャッシング希望額が高すぎる

キャッシングというのはクレジットカードをATMに差し込んで、直接現金を借りるというクレジットカードの使い方を指します。
例えばご祝儀が必要になった時や、現金でしか支払えない店での支払いをしたいのにカードしか持っていない時などに有用なキャッシングなのですが、直接現金を貸し出すというのはクレジットカード会社側にとってもリスクが高く、そのためキャッシング金利もかなり高めに設定されています。
キャッシングをひと月いくら出来るかというのはカードの申請時に設定することが出来ますが、このリスクが高いキャッシングの希望額を高く設定すると審査に落ちやすくなります。
キャッシングというのはそもそも、「口座に現金が入っていないけど今すぐ現金が必要な人」のための制度であります。つまり、キャッシングを使う人というのは自転車操業状態でお金のやりくりをしている人とみなされるわけです。
だいたい口座にお金が入っていればキャッシングなんかをして緊急の現金を手にする必要は無いですからね。ご祝儀がいきなり必要になったなら銀行口座からお金をおろして来ればいいだけであって、キャッシングをする必要はないわけです。
そんなわけでキャッシングというのはカード会社側にとっては儲かるけれど出来ればしてほしくない諸刃の剣であり、よほど信用がある人でなければ枠を付けたくないものなのです。
このキャッシング枠を信用があまりないのに高く設定し過ぎると、それだけで審査に落とされる可能性があるわけですね。

支払い忘れ・支払い遅れがあった

過去にクレジットカードの支払い遅れや、支払い忘れがあった場合も審査に通りづらくなります。
うっかり銀行口座にお金が入っていなかっただけであっても、支払いが遅れて督促されたという情報はきっちりと信用情報機関に登録されています。
この情報が登録されている状態で審査をすると落とされる可能性があります。
もし近い過去に支払い忘れや支払い遅れがあり、それが間違いなく原因だと考えている場合は…この情報は5年ほど消えないので、もしかしたらイオンカードは厳しいかもしれません。
支払い遅れによる審査落ちがあった場合はやはり、楽天カードや消費者金融系カードローンくらいしか作ってくれるところはないでしょう。


コメント