dカードとiDについて

dカードにはiDという何か…が必ず付帯しています。今回はこのiDについて詳しく解説していきます。

iDとは

id-docomo
このレオナルド・ダ・ビンチの「ウィトルウィウス的人体図」を背景にしたなんかお洒落なiDですが、これは一体全体何なのでしょうか。
これはドコモの開発している電子マネーで、アイディーと呼ばれます。QuickpayやPitapaなどと同じポストペイ型電子マネーであるため、nanaco、SUICA、Edyと違ってチャージをする必要がありません。
仕組み的には先に使った料金が払われ、あとでiDに紐付けられたクレジットカードに請求が行くというタイプの決済サービスですね。「タッチで買い物が出来るクレジットカード」と言い換えればかなり分かりやすいかもしれません。
ポストペイ型電子マネー、すなわち後払い制であるため、残高みたいなものを気にする必要がありません。利用限度額までチャージせずに使い続けることが可能です。
ちなみに現在はロゴにウィトルウィウス的人体図は使われていません。残念。カッコいいのに。

dカードとiDの違い

dカードとiDの違いはクレジットカードか決済サービスかの違いです。
dカードはクレジットカードです。買物をするとカード会社が料金をたてかえてくれ、貯まっ支払いは決められた日付に一括で引き落とされる形になります。
一方、iDは決済サービスです。通常のクレジットカードにはタッチで買い物ができる機能はついていませんが、iDのロゴが券面に印刷されているクレジットカードはタッチで買い物が出来るように改造されています。
要はiDが付いていれば対応している所、例えばセブンイレブンやローソンのような場所でタッチで買い物ができるようになるわけです。

おサイフケータイ版iD

おサイフケータイ版iDというのも存在しますが、これも同じくタッチで買い物ができるようになるサービスです。
もし自分のスマホがおサイフケータイに対応しているのであれば、自分のiDを登録しておけば、iDの決済サービス機能によりスマホをタッチするだけで買い物が可能になります。
仕組み的にはiDで決済すると、iDに登録されているクレジットカードに請求が行き、そのクレジットカードで実際に決済が行われる感じです。
ちなみにおサイフケータイ版iDは今のところ日本製のFelica搭載アンドロイド携帯、すなわちXperiaやARROWSのようなスマホでしか使うことが出来ません。
おサイフケータイに対応したスマホでおサイフケータイアプリを入れた後、iDを登録すれば携帯をかざすだけでiDが使えるようになります。おサイフケータイでiDを使った場合でも、請求先はiDに紐付けられたクレジットカードとなります。
つまりdカードに最初から付帯しているiDをおサイフケータイに登録すればdカードに請求が行くことになるわけです。
iPhoneでおサイフケータイiDを使うにはおサイフケータイジャケットなるものを付ける必要がありますが、ダサいし評判も芳しくないのであまりオススメできません。
ただ、iPhoneにも一応タッチで買い物するためのチップが搭載されているので、いずれiPhoneでもおサイフケータイが使えるようになる日は来ると思いますが…少なくとも今は出来ません。

iDは常に一体型

dカードには必ずiDが付帯してきます。恐らくこれを拒否することは出来ません。といってもiDの付帯は無料で、デメリットもないので拒否をする理由は有りませんが…
つまり、dカードを手に入れるということはイコールiDが利用可能になるということになります。
dカードが届いたら早速近くのコンビニなどで使ってみましょう。使い方はタッチするだけでサインも不要、PINナンバーも不要なのでめちゃくちゃ楽で早く、快適です。
ただ、タッチで買い物ができる店全てでiDが使えるわけではないので、使う前はレジの前に書いてある対応ロゴ一覧にiDのロゴがあるかどうかを確かめましょう。
iDの支払いに対応していてiDが使える店は以下のような店となっています。

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルケーサンクス
  • ミニストップ
  • マクドナルド
  • ガスト
  • 牛角
  • ドンキホーテ
  • すき家
  • タワーレコード
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • イオン
  • イトーヨーカドー

などなど…メジャーな店では恐らく全てiD支払いに対応しているはずなので、いつも使っている店のレジにiDのロゴがないかどうか探してみましょう。

iDのポイントについて

iDを使うのはいいけど、その場合ポイントはどうなるのか気になる人もいるはずです。
例えばですがイオンカードの場合、イオンカードを使うかWAONで支払うかによってときめきポイントが付くかWAONポイントが付くか変わってきます。
しかしiDの場合はクレジットカードで支払ってもiDで支払っても付くのはdポイントとなっています。還元率は1%で、100円あたり1ポイントがdポイントとして加算されます。
というかむしろiDを使ったほうがポイントが貯まります。
iDは利用者を増やすためにいろいろなキャンペーンを行っています。その中にはiDで支払った場合ポイント2倍だとか、iDで支払うとキャッシュバックみたいなものがあるので、そのようなキャンペーンをうまく利用すればクレジットカード支払いと比べてかなりお得になってくるのです。

キャンペーンでさらにお得

ドコモはdカードとiDの覇権を更に強めるため、dカードでiDを使うと更にお得になるキャンペーンを行っていることが多々あります。
screenshot_35
例えば今行われているのは「GET iDキャンペーン」です。2016年10月14日までにiDでの利用額に応じてあのルンバかコーヒーメーカーが当たります。
5000円以上の利用でルンバ、3000円以上の利用でコーヒーメーカーとなります。う~ん…どちらもぜひ欲しいですね~

iDを使うメリット

iDを使うメリットとは何でしょうか。いろいろありますが、まずは支払いの手軽さでしょう。

支払いがお手軽

使ってみればわかりますが、タッチでの決済は本当に楽です。どれくらい楽かというとフルマラソンに車で出場して42.195キロ走るくらい楽です。
現金での支払いの場合、総額を言われたら財布を取り出しお札と小銭を数えて店員に渡し、店員からお釣りを受け取る必要があります。
クレジットカードでの支払いの場合、クレジットカードを店員に渡し、店員がクレジットカードをスワイプし、サインかPINナンバーを入力した後に店員にクレジットカードを返してもらう必要があります。
ですがiDでの決済の場合、店員に「iDの決済でお願いします」と言い、レジの前に用意されているタッチ場所にカードをかざすだけで全てが終了します。
これに一度慣れると現金を出すのが煩わしくて仕方が無くなります。キャッシュレス化を急ぐカナダが羨ましくてたまらなくなります。
次にポイントですね。

ポイントが多く貯まる

これはキャンペーンによりますが、キャンペーンが行われていればiDはかなりお得です。
そしてそのキャンペーンですが、ドコモはiDの利用者を出来る限り増やそうと頑張っているので常に何かしらのキャンペーンは行われています。
先に紹介したポイント2倍やキャッシュバックキャンペーンのようなものですね。
iDを使えば楽だしポイントも大量にたまるので…使わない手はありません。可能であれば、いたるところでiDでの支払いを心がけましょう。

コメント