dカードのキャッシングについて徹底検証!

docomoが発行しているdカード、dカード GOLDはポイントの還元率が高く、さらにはdカード GOLDともなれば年会費を軽くペイできるどころか、むしろお釣りがくるレベルの待遇の数々が待っているなどポテンシャルの高さに定評のあるクレジットカードです。

そんなdカードですが、クレジットカードに備わっているとある機能ももちろん用意されています。

そうです、キャッシングです。

ここぞという時に現金を借りることができるとても貴重なキャッシング機能ですが、dカード、dカード GOLDのキャッシング機能はどのようなものとなっているのかをチェックしてみましょう。

  1. dカード、dカード GOLDのキャッシング
    1. キャッシングの金利は?
      1. 遅延損害金
    2. キャッシングの利用上限は?
      1. 利用上限は変わらないの?
    3. キャッシングの返済方法は?
      1. 銀行引き落としの場合
      2. ATMからの返済
        1. ATMからであれば一括返済も可能
      3. 基本的にリボ払いになる
      4. ボーナス月元金増額返済併用
    4. キャッシングはポイントがつく?
      1. キャッシング「だけ」だとdカード、dカード GOLDは…普通?
  2. dカード、dカード GOLDでキャッシングしよう
    1. CD・ATMでの利用
    2. 振り込みをしてもらうという選択肢も
    3. 海外でもキャッシングが可能!
    4. キャッシングすると印象が悪くなる?
      1. 延滞や未払いは印象が悪くなる
      2. 他のサービスへの影響は?
  3. dカード、dカード GOLDのキャッシングの審査の難易度
    1. dカードの場合
      1. 審査は厳しい訳ではない
        1. 同時に他のクレジットカードやキャッシングにも申し込んでいる
        2. 他社での借り入れが多い
        3. dカードでの未払いがある
    2. dカード GOLDの場合
      1. 利用実績も一つのカギになる
    3. キャッシングに申し込む場合の注意点
      1. 在籍確認の電話が多い
      2. 総量規制という問題
      3. 記入ミスや虚偽記載にも気を付けよう
  4. dカード、dカードでキャッシングするメリットとデメリットは?
    1. dカード、dカード GOLDでのキャッシングのメリット
      1. どこででもキャッシングできる
      2. 振込が用意されている
      3. 返済方法が選べる融通の良さ
      4. 利用実績で道筋が見える
    2. dカード、dカード GOLDのデメリットは?
      1. dポイントとの連動がない
      2. キャッシングだけで考えると「並」
  5. まとめ

dカード、dカード GOLDのキャッシング

dカード、dカード GOLDにはキャッシング機能が用意されていますが、キャッシングを利用するためにはキャッシング枠が必要です。

dカード、dカード GOLDに申し込む際、キャッシング枠を申し込むことになりますが、「申し込まない」選択肢もあります。

キャッシング枠を申し込まないと審査が緩くなることから、キャッシング枠を申し込まないで申し込んでいる方もいるかもしれません。

特にdカード GOLDの場合、審査との兼ね合いもあってキャッシング枠に申し込んでいない人もいるかもしれませんが、その場合は当然ですがキャッシングを利用することはできません。

新たにキャッシングの申し込みを行い、審査に通ることでキャッシングが利用できるようになります。

つまり、キャッシングに申し込んでいなければキャッシングはできません。

何年dカード、dカード GOLDの会員だとしても、それまで一度も延滞や未納がないとしても、申し込んでいなければキャッシングはできないのです。

キャッシングの金利は?

dカードとdカード GOLDとではキャッシングの金利が異なります。

  • dカード:18.00%
  • dカード GOLD:15.00%

3%の違いではありますが、「塵も積もれば山となる」という言葉もあるように、多額のキャッシングをした場合や、長期間に及ぶ返済となった場合には、1%でも大きな違いが出るだけに、キャッシング面を考えてもdカード GOLDの方がお得ではあります。

遅延損害金

キャッシングの返済が遅れた場合、docomo側は遅延損害金として金利を高くすることができます。

その場合、20.00%になりますので、遅延すると利息が高くなる点は気を付けておかなければならないでしょう。

キャッシングの利用上限は?

キャッシングの利用上限もまた、dカードとdカード GOLDで微妙に異なります。

  • dカード:5万円〜90万円
  • dカード GOLD:5万円〜100万円

となっています。

この点に於いてもdカード GOLDの方が上限が上ですが、あくまでもdカード、dカード GOLDとして設定されている上限枠になりますので、dカード GOLDのユーザーが必ず100万円のキャッシング枠をもらえる訳ではありません。

dカードであっても実績・信頼のおかげで90万円のキャッシング枠をもらっている人もいれば、dカード GOLDでもキャッシング枠が30万円という人もいます。

利用上限は変わらないの?

キャッシングの利用上限を上げるためにはインターネット上から増枠の申し込みが可能です。

但し、これはあくまでも「申し込み」であって、必ず増枠になることが保証されているものではありません。

増枠の申し込みが受け入れられるかは、自分自身の実績次第です。

申し込んだ際の経済力やステータスはもちろんですが、dカード、dカード GOLD会員として延滞や未払いがないのかなど、様々な点をチェックされ、docomo側から「大丈夫だろう」と判断されたら利用上限が増枠されます。

キャッシングの返済方法は?

dカード、dカードGOLDでキャッシングをした場合の返済方法は主に二つあります。

銀行口座からの引き落としか、あるいはATMでの振り込み返済です。

どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

銀行引き落としの場合

基本的にdカード、dカード GOLDのキャッシングの返済は銀行口座からの引き落としになります。

キャッシングの利用金額とクレジットカードショッピングの利用金額の合算が指定銀行口座からの引き落としになります。

この場合、特に手間はかからない点がメリットですが、毎月定められた額のみの返済となりますので返済方法が一括ではなく、リボで長期間に渡る場合、返済金額の大部分を利息が占めることになってしまいますので、なかなか元金が減っていかないというデメリットがあります。

ATMからの返済

利用したキャッシング分をATMから返済することも可能です。

ATMまで足を運ばなければならない点はデメリットかもしれませんが、最低金額以上であれば自分の好きな金額の返済が可能になりますので、余裕のある時に多めに支払うことで元本を減らし、利息を減らすことが可能です。

ATMからであれば一括返済も可能

ATMからの返済の場合、好きな額の返済が可能なのでキャッシング分を一括返済することも可能です。

一括で返済すれば以降の利息がかかりませんので、利息を支払うのが勿体ないと考えるのであればキャッシングした分はATMから支払った方がスピーディーです。

一方、利息を抜きに毎月の負担を軽減したいのであれば、銀行引き落としの方が手間もかかりませんし、まさに「マイペース」での返済が可能です。

また、銀行引き落としでもキャッシングの返済額の変更は可能なので、自分のペースもある程度は決めることができます。

基本的にリボ払いになる

dカード、dカード GOLDでキャッシングした場合、基本的に返済方法はリボ払いになります。

毎月元金定額返済か、あるいはボーナス月元金増額返済併用かの二種類です。

毎月元金定額返済とは元金の返済額が決まっており、そこに利息分が加算されます。

例えば毎月元金5,000円を返済する設定とした場合、毎月の返済額は5,000円ではなく、5,000円+金利利息分になります。

利息がどれくらい付くかは自分自身の買物次第ですが、少なくとも元本が毎月5,000円減ることだけは確かです。

但し、この点は勘違いしている方が多く、「5,000円だけ」だと思っている人も多いです。
キャッシング枠の残額次第で返済額が変わるので「いくら買い物をしても月々の返済額は5,000円だけ」を意味している訳ではありません。

ボーナス月元金増額返済併用

この返済方法は通常時は元金は指定した額での返済ですが、ボーナス月は多めに返済支払うというものです。

ボーナスの際に多めに支払うことで、元金をよりスピーディーに減らすことができます。
注意点としては、設定していたことを忘れて「多めに返済されている」となってしまう点です。この点は自分でもしっかりと確認しておきましょう。

キャッシングはポイントがつく?

dカード、dカードと言えばポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードですが、キャッシングでは残念ながらdポイントは還元されません。

ショッピングであれば他のクレジットカードと比べて高い還元率を誇るだけに、知らない間にポイントが貯まっていたというケースも珍しくないdカード、dカード GOLDですが、残念ながらキャッシングに関してはdポイントは一切貯まりません。

10万円キャッシングしようとも50万円キャッシングしようともdポイントは1ポイントも加算されません。

dカード、dカード GOLD共に高還元率のおかげでdポイントを貯めやすい点こそ何より大きな魅力なだけに、この点を残念に感じている人は多いことでしょう。

キャッシング「だけ」だとdカード、dカード GOLDは…普通?

クレジットカードの利用目的は人それぞれかと思いますが、キャッシングだけで考えた場合、dカード、dカード GOLD共に他のクレジットカードと比べて大きな魅力がある訳ではありません。

ショッピングに於けるポイント還元という点では他のどのクレジットカードよりも魅力的で高い実力を持つ一枚として高い評価を得ているdカード、dカード GOLDですが、キャッシング機能はいわば「他のクレジットカードとほぼ同等」です。

そのため、キャッシング「だけ」しか考えていない場合、dカード、dカード GOLDに固執する理由はありません。

金利という側面でも、先述した金利は決して「物凄く低い」訳でもなければ、「物凄く高い」訳でもありません。

しかし、ポイント還元の恩恵を受けながらキャッシングも視野に入れているのであれば、dカード、dカード GOLDは実用性の高いクレジットカードとなるでしょう。

dカード、dカード GOLDでキャッシングしよう

キャッシングとは現金を借りる方法ですが、dカード、dカード GOLDのキャッシングにはいくつかの方法が用意されています。

それらもまた、チェックしておきましょう。

CD・ATMでの利用

CD(キャッシュディスペンサー)やATMにカードを入れて暗証番号を入力し、借りたい額を入力する手法です。

この方法の場合、キャッシングしたいと思ったその時にいつでもキャッシングが可能な点にあります。

特にCDやATMはコンビニなど、全国様々な場所に置かれていますので「キャッシングしたいけどCDやATMが見つからない」ということはそうそう有り得ないでしょう。
特に近年はコンビニでも利用できることを考えると、利用できる場所は多々あることになります。

振り込みをしてもらうという選択肢も

dカード、dカード GOLDのキャッシングは振り込みも用意されています。

dカードのWEBサイト、あるいはdカードセンター、dカードGOLDデスクに電話することで指定の口座に振り込まれる形です。

但し、この場合申し込みから3営業日必要になりますので、「即日」とはいきません。

午前0時から午後11時59分までの受付を3営業日後に振り込む形になるのですが、当然土日祝祭日は営業日ではありませんので、間にこれらが入ると実質的に振り込みが遅くなります。

CDやATMまで足を運ぶ手間はかかりませんが、すぐにでもお金が欲しい場合にはやはり自分でATMまで足を運んだ方が良いでしょう。

急ぎではないけど、とりあえず念のために…という場合はこちらの方法も魅力的です。

海外でもキャッシングが可能!

dカード、dカード GOLDは海外でのキャッシングも可能です。

世界中のATMにて現地の通貨をキャッシングすることが可能です。

国内でのキャッシングの場合、金利等の問題があるのでできる限りは控えた方が良いと考える人も多いでしょう。

しかし海外旅行となると話は別です。

なぜなら、実はキャッシングした方が両替手数料よりも安上がりになるケースもあります。

ATM手数料と旅行分の利息だけであれば、金額によっては両替手数料よりもリーズナブルになります。

さらに、いくら海外旅行でも多額の現金を持ち歩くことに抵抗がある人も多いです。

ましてや世界的に見れば日本よりも治安が良い国の方が珍しいのです。

あまりにも多額のお金を持っていると旅行中も不安がつきまといます。

そのため、お金がないからではなく、手数料や治安を考えて現地でキャッシングしている人も多いです。

国内では金利を考えると「物凄くお得」とは言えないキャッシングですが、海外キャッシングとなれば、ともすれば「お得」なサービスなのです。

キャッシングすると印象が悪くなる?

キャッシングするとdカード、dカード GOLDを発行しているdocomoからの印象が悪くなるのではと思っている人や、いわゆるクレヒスが悪くなることを懸念している人もいるようですが、結論から言えばキャッシングしただけでクレヒスが悪くなったり、docomoからの印象が悪くなることはあり得ません。

どれだけキャッシングをしようとも、延滞や未払いなく、返済を続けていれば印象が悪くなる所か、むしろdocomoから「しっかりと約束通りに返済してくれるお客」と認められることでしょう。

延滞や未払いは印象が悪くなる

印象が悪くなるケースはキャッシングそのものではなく、キャッシングの返済が滞ってしまった時です。

キャッシングをどれだけ利用したとしてもdocomo側からあれこれ言われることはありません。

しかし、延滞や未払いとなれば話は別です。

金融機関が共有している信用情報、いわゆる「ブラックリスト」に名前が掲載されることにもなりますし、延滞や未払いが続けば退会処分を課せられることもあります。

キャッシングはあくまでも「一時的にお金を借りる」サービスです。

借りて終わりではなく、返済して終わりになりますので、返済できなければ相手からの印象が悪くなるのも当然です。

逆の立場で考えてみてください。

「借りたものをしっかりと返していない人」に対して良い印象を持てと言われても難しいことでしょう。

他のサービスへの影響は?

dカード、dカード GOLDのキャッシングの返済で延滞や未払いとなってしまった場合、他のサービスへの影響も懸念されるところですが、もしもですがブラックリストに掲載されてしまった場合、他の金融機関でお金を借りることができなくなってしまいますので、ローンを組めなくなるだけではなく、クレジットカードを作ることもできなくなります。

但し、docomoユーザーがdocomoを退会処分になるということはありません。

docomoが発行しているクレジットカードであるdカードとdカード GOLDで未払いを起こしたとしても、約款に「docomoユーザーも退会してもらう」とは明記されていませんので、docomoユーザーは継続できます。

dカード、dカード GOLDのキャッシングの審査の難易度

dカードやdカード GOLDはキャッシングが必須ではありません。

「利用しない」を選択して審査に出してクレジットカードを発行してもらったというケースもあるのではないでしょうか。

とにかくポイント還元率の高いdカードを「確実に」持ちたいとの一心でキャッシングを「利用しない」にした方が審査に通りやすいという点から本来はキャッシングに興味があるものの、「利用しない」を選択して後からキャッシングを…と思っている人もいるかもしれません。

その場合の難易度がどれくらいなのかもチェックしてみました。

dカードの場合

dカードの場合、まず大前提としてキャッシング申し込みは20歳以上になります。

クレジットカードのもうしこみは18歳以上から可能なのですが、キャッシングに関しては20歳以上になりますので、18歳、19歳でdカードをお持ちの方が、キャッシング機能を…と思っても残念ながら不可能です。

経済力云々の前に、ルールで認められていませんので残念ながらキャッシングそのものに申し込むことができません。

審査は厳しい訳ではない

dカードのキャッシングの審査に関しては決して厳しい訳ではありません。

審査期間はおよそ一週間程ですが、審査に通らない場合、経済力もそれ以外の面での理由が考えられます。

同時に他のクレジットカードやキャッシングにも申し込んでいる

これはdカード、dカード GOLDに限らずクレジットカードの審査に於いて自ら厳しくさせてしまう行為です。

一度に様々なクレジットカード会社に申し込んだことは他の会社でも分かってしまいます。

いわば「手当たり次第申し込んでいる」と思われていますので、経済力やステータスを抜きに印象は悪くなります。

他社での借り入れが多い

他社での借り入れが多い場合もまた、キャッシングの審査に通過できない可能性を高めてしまいます。

キャッシングという行為そのものは決して悪いものではありませんが、借入があるということは、いわゆる「可処分所得」を減らしてしまいます。

分かりやすく言えば、借入があるということは返済に回さなければならないお金がありますので、実際の収入よりも使えるお金が低くなってしまいます。

借入が多ければ多いほど、月々の返済額も増えることが予想されますので、実際の収入よりも低い額で審査されるようなものなので、厳しい審査になってしまうのです。

dカードでの未払いがある

既にdカードの会員でキャッシングを追加で申し込む場合、dカードでの利用実績も十分に考慮されます。

dカードのクレジットショッピングを問題なく利用していれば良い印象を与えることができる一方で、クレジットショッピングでの支払いに延滞や未払いがあったり、あるいは過去に何度もそういったことを行っている場合、docomo側とすれば「キャッシングを許したら更にリスクが増える」と考えてしまうでしょう。

dカード GOLDの場合

dカード GOLDの場合も先に挙げた理由が当てはまるのですが、dカードと比べてカードそのものの発行条件のハードルが高いため、キャッシングでもまた、dカードとはまた違った基準となっています。

dカード GOLDはGOLDカードの中ではさほどハードルが高くはない、審査が甘めだと言われていますが、キャッシングとなればdocomo側としても慎重に対応せざるを得ませんので、審査はどうしても厳しくなってしまいがちです。

利用実績も一つのカギになる

dカード GOLDのキャッシング枠を後から申し込む場合、どれだけの利用実績があるのかもカギです。

延滞や未払いなくという「無難」な利用だけではなく、積極的な利用であればある程度審査が甘くなる可能性があります。

例えば毎月数千円程度の買物ではなく、数万円、あるいはそれ以上の買物を行ってしっかりと返済する。

これを繰り返していけば、docomo側としても「良いお客」になりますので、キャッシングのリクエストに対しても良い返事が期待できます。

高額での買物を行い、且つしっかりと返済すればdocomoから「使った分はしっかりと返すお客」と思われますので、審査も多少は甘くなります。

キャッシングに申し込む場合の注意点

キャッシングに申し込む場合、いくつかの注意点があります。

この点はしっかりと考えておかなければならないでしょう。

在籍確認の電話が多い

dカード、dカード GOLDの申し込みだけであれば在籍確認の電話はないケースも珍しくないのですが、キャッシング枠を付帯する場合、在籍確認の電話が来るケースが多く報告されています。

電話に出れなければマイナスな印象を与えることになってしまいますので、キャッシングを申し込んだ後はいつ電話がかかってきても良いよう備えておきましょう。

総量規制という問題

キャッシングに申し込む際、他社でのキャッシングがあるとマイナスになるとお伝えしましたが、キャッシングが総量規制に引っかかっている場合、経済力云々ではなく新たにキャッシングを付帯させてもらうことはできないでしょう。

総量規制とはキャッシングの総量は年収の3分の1を上限に定めたものです。

どれだけ年収の数字が良いとしても、総量規制に引っかかっていてはdocomo側としても審査にOKを出せませんので、他社でキャッシングをしている場合、総量規制に引っかかっていないのかも確認しておきましょう。

記入ミスや虚偽記載にも気を付けよう

審査の申し込みの際、年収等様々な個人情報を明記しなければなりませんが、ここで記入ミスや、あるいは虚偽申告をすると、結局は審査に悪影響を与えることになります。

虚偽記載など、相手からすればすぐにでも調べて真実を追求できます。

特に多くの申込者が虚偽記載するのが他社からの借り入れです。

少なく魅せたいと思う人間心理はよく分かりますが、どのような事情であれ「嘘」であることには違いありません。

docomo側とすれば、嘘をついて審査に申し込んできた利用者を信じろと言われても難しいものです。

それだけに、虚偽記載や記入ミスのないよう、正確なデータを記入して申し込みましょう。

dカード、dカードでキャッシングするメリットとデメリットは?

dカード、dカード GOLDにてキャッシングするメリットとデメリット、それぞれをチェックしてみました。

dカード、dカード GOLDでのキャッシングのメリット

まずはどのようなメリットがあるのかをチェックしてみましょう。

どこででもキャッシングできる

dカード、dカード GOLD共に全国のATMやCDを利用できますので、どこででもキャッシングが可能です。

例えばdカードやdカード GOLDはセブンイレブンなど全国のコンビニのATMでも利用できますので全国各地にて利用できます。
この点は大きな強みです。

特にセブンイレブンは全国に20,000店舗以上あるとされていますので、利便性の高さもよく分かるのではないでしょうか。

振込が用意されている

ATMでキャッシングをという人にとってはあまりメリットではないかもしれませんが、dカード、dカード GOLDのキャッシングには振り込みも用意されていますので、ATMまで行く必要はありません。

ATMが近くにない…という人はなかなかいないと思いますが、外に出るのが面倒なケースもある場合、振り込んでもらえるのは大きなメリットなのではないでしょうか。

返済方法が選べる融通の良さ

dカード、dカード GOLDは返済方法がある程度選べます。

基本的には銀行口座からの引き落としになりますが、ボーナスとの併用も可能ですし、余裕がある時にはATMからの追加返済も可能です。

月々の支払いだけでは時間がかかってしまいがちですが、ATMからの返済も可能なので、元本をいち早く減らすことが可能です。

また、元本固定の返済になりますので、他のリボ払いにありがちな「返済額をよく見たら大半が利息ばかりで元本がなかなか減っていかない」ということも回避できます。

利用実績で道筋が見える

これはdカードに関してですが、dカードでキャッシングを利用し、しっかりと返済を繰り返していれば利用実績が蓄積され、やがては上位カードであるdカード GOLDへの道筋も見えやすくなります。

dカード GOLDのポテンシャルは業界内外から高い注目を集めていますが、通常のdカードよりは審査のハードルが高く設定されているので、dカード GOLDを持ちたいけどdカードで…という人もいるのではないでしょうか。

その場合、dカードでキャッシングを利用することがdカード GOLDへの実績に繋がると言っても過言ではありません。

dカード、dカード GOLDのデメリットは?

メリットがあればデメリットもあります。

dポイントとの連動がない

やはりこれが一番のデメリットでしょう。

厳密には損をしている訳ではありませんが、dカード、dカード GOLDといえばdポイントの貯めやすさが大きな魅力です。

還元率の高さから、キャッシングでもdポイントが貯まるのでは?と予想していた方も多いかもしれませんが、実際にはキャッシングはdポイントは貯まりません。

デメリットというよりも「残念」な部分ですが、何らかの連携があれば…と思っている人は多いことでしょう。

キャッシングだけで考えると「並」

こちらもデメリットというよりも、残念に感じる部分でしょう。

dカード、dカード GOLDはショッピングに於いては高還元率を誇る魅力的なクレジットカードです。

しかし、キャッシング機能に関してはいわば「並」と言っても良いでしょう。

それだけに、キャッシング目的の人にとっては、是が非でも手に入れたい一枚とは言い切れません。

ショッピングも活用しつつキャッシングも活用したいという人にとってはショッピングに於いては高還元率を享受できますが、ショッピングでの利用を一切考えていない人が「キャッシング専用」として持つことを考えているのであれば、そこまで突出したカードという訳ではありません。

まとめ

dカード、dカード GOLDのキャッシングについてチェックしてみました。

高還元率のdポイントとの連携がない点は寂しい限りですが、全国のCD・ATMにて利用できる点や、dカードからdカード GOLDへのステップアップをと考えている場合は、利用実績を蓄積させることもできます。

キャッシングという点では一般的かもしれませんが、当然クレジットカードとしても使えますので、「高還元率且つ、キャッシングも利用できるカード」として考えると、決して悪いカードではありません。

コメント