dカードのブランドはどれがおすすめ?

dカードは各方面からとても評価を得ているクレジットカードです。

docomoが発行しているクレジットカードなのでdocomoユーザーがお得になるのは間違いありませんが、docomo以外のユーザーでさえ多くの特典が用意されている一枚。

そんなdカード、そして上位カードであるdカード ゴールドはそれぞれVISAとMasterの二つのブランドが用意されています。VISAとMasterの違いはあるのかなど、今回はブランドの違いにスポットを当ててチェックしてみました。

  1. VISAとMasterのそれぞれの違いとは
    1. VISAとMasterで何が違うのか
    2. VISAとMasterの違いは海外に出なければほど違いがない
    3. dカード、dカード ゴールドに限った話ではない
    4. VISAとMasterのdカードを2枚持ちはできない?
    5. dカード、dカードゴールドでVISAを選ぶメリット
      1. 「数」で考えると圧倒的にVISA
      2. VISA認証システムがあります
      3. デビットカードはVISAに軍配が上がる
    6. dカード、dカード ゴールドでVISAを選ぶデメリット
      1. Suicaチャージに関して
      2. 一部オンライン決済で利用できない
      3. VISAを付けた方が良い人
    7. dカード、dカード ゴールドでMasterを選ぶメリット
      1. Applepayを使いたいならMaster
      2. コストコを使うならMaster
      3. コンタクトレス機能
    8. dカード、dカード ゴールドにでMasterを選ぶデメリット
      1. 国内では使えるお店がVISAよりも少ない
      2. アメリカに行く機会が多い人はデメリット
    9. Masterを付けた方が良い人
  2. VISAとMasterの切り替えを検討したいなら
    1. 退会→再発行のみです
      1. 再入会の場合の注意点
      2. 退会する際の注意点
        1. 残債がある場合
        2. 家族カードやETCカードも
        3. ポイントは使い切っておきましょう
    2. 再入会の場合の審査の難易度
      1. VISAとMasterで審査は違う?
      2. それまでの「付き合い方」次第では…
      3. 審査が厳しくなるケースもある
        1. ステータスが変わった場合
        2. キャッシングの上限を増やした場合
        3. ブラックリストに掲載された場合
  3. ブランド変更は得か損か?
    1. ブランド変更が得になる人
      1. iPhoneユーザーはVISAからMasterが良い
    2. ブランド変更する必要がない人
      1. 不満がないならわざわざ変える必要がないという意見も
  4. まとめ

VISAとMasterのそれぞれの違いとは

dカード、dカード ゴールドのVISAとmasterの違いはいくつかあります。
裏を返せば「いくつかしか」ありません。

例えばポイント還元率や家族カードの発行枚数等、クレジットカードとしての基本的な機能は同じです。

そのため、あまり細かいことにこだわらない人であればどちらを選んでも大差はありません。
国際ブランドのため、国内だけでしか利用しない人にとっては、使い勝手の違いを感じることはほとんどないでしょう。

それでも多少は違いがありますので、それらをチェックしてみました。

そこで見えてきたのは、国際ブランドをどちらにすべきなのかはdカードの特性よりも、VISAとMasterのそれぞれの違いを把握しておくことが大切だということです。

VISAとMasterで何が違うのか

dカードのブランドをVISAにするかMasterにするかで何が変わるのか。

端的に言えばVISAならVISAカード加盟店で、MasterであればMasterの加盟店で使えますので、加盟店以外では使えません。

しかし、何より一番の違いはApplePayのアプリです。

オンライン決済可能なアプリは、同じdカード、dカード ゴールドでもVISAでは利用不可能で、Masterのみが利用可能なのです。

もしもiPhoneでApplePayを積極的に活用したいと考えているのであれば、国際ブランドはMasterにした方が使い勝手が良くなります。

こちらはいわばVISAを選んだ際のデメリットでもあるので、後程詳しくお伝えしましょう。

VISAとMasterの違いは海外に出なければほど違いがない

VISAはアメリカで生まれた世界ナンバー1の国際ブランドです。そのため、アメリカで利用できる店舗が多いと言われています。

一方、MasterはVISAに次いで世界2位のブランド。こちらはヨーロッパに強いと言われています。

これらの特徴からも分かるように、日本国内での利用に於いてはそれぞれの違いを感じるケースはほとんどありません。

日本国内のクレジットカードに関してはVISAの方が扱い店舗は多いです。つまり、「VISAは使えるけどMasterは無理」の方が「Masterは使えるけどVISAは無理」よりも多いです。

ライフスタイル次第ではありますが、日常生活で大きなVISAとMasterの違いで大きな不便を強いられるlことはありません。

但し海外での利用となると話は別で、海外では先にお伝えしたようにVISAはアメリカ、Masterはヨーロッパに強いという住み分けができていますので、海外旅行や出張でアメリカ、あるいはヨーロッパのいずれかに足を運ぶ機会が多いと分かっているのであれば、足を運ぶ機会が多いエリアに強いブランドを付けておくのも良いでしょう。

つまり、あまり海外に行かない人にとってはVISAとMasterにこだわる理由は機能面ではほとんどありません。

「ロゴが好き」といった理由でどちらかを選んだとしても、困るシチュエーションに遭遇することは滅多にないでしょう。

dカード、dカード ゴールドに限った話ではない

どのブランドを付けるのかの違いは、dカード、dカード ゴールドに限った話ではありません。

どのクレジットカードでも付帯するブランドは選べますが、グローバル化が進んでいるおかげで、VISAでもMasterでも違いは国際ブランドという点のみで、ポイント還元率が変わるケースはほとんどありません。

海外旅行が多い人はJCBだと少々不便を感じることもありますが、dカードにはJCBは付帯できませんので心配する必要はありません。

VISAとMasterのdカードを2枚持ちはできない?

VISAとMasterがほぼ同じとはいえ、微妙に異なるのであればそれぞれ1枚ずつ、つまり2枚持ちできないかと考える人もいるかもしれませんが、2枚持ちはできません。

家族カードを発行するとしても、基本的に国際ブランドは同じです。

父親のdカードはmasterだけど母親のdカードはVISAにするということはできませんので、VISAとMasterの両方のクレジットカードが欲しいのであれば、dカードとは異なるクレジットカードに申し込む必要があります。

dカード、dカードゴールドでVISAを選ぶメリット

世界ナンバー1ブランドでもある国際ブランド、VISA。
そのメリットは多々あります。

「数」で考えると圧倒的にVISA

世界ナンバー1の国際ブランドと謳われているだけあり、VISAが使えるお店はとても多いです。

国内でもややVISAの方が扱い店舗が多いと言われていますが、海外を見渡すと特に新興国ではVISAの方が圧倒的に多いと言われています。

アメリカやヨーロッパはクレジットカードは普及期を過ぎていますので会員数は大きな変動が見られません。

一方、アジアなどの新興国では会員数が急増しています。そのため、アジアに足を運ぶ機会が多い人はVISAの方が無難です。

VISA認証システムがあります

VISAにはVISA認証システムと呼ばれるセキュリティが導入されています。
ネット上でクレジットカードを利用してのショッピングはとても身近なものになりつつあります。

その際、クレジットカード番号、有効期限、暗証番号の入力が求められますが、VISA認証サービスはさらに認証用のパスワードも求められます。

クレジットカードのセキュリティは社会問題と言っても過言ではないだけに、より強固なセキュリティを持つVISA認証システムこそ、VISAにする大きなメリットでもあります。

デビットカードはVISAに軍配が上がる

近年注目を集めているデビットカードはVISAの方が強いです。

dカード、dカード ゴールドにはデビットカード機能はありませんので、「dカードに於けるVISAとMasterの比較」という点ではデビットカードはそこまで関係ないように思うかもしれません。

しかし、将来的な点を考えると、デビットカードが急速に普及していることを考えるとdカード、dカード ゴールドにももしかしたらデビットカードが導入されるかもしれません。

もしもですが、デビットカードが導入された場合、Masterにはデビットカードがありませんのでデビットカードとしては利用できません。

折しも行政レベルでキャッシュレスを推進していますので、デビットカードという観点から見るとVISAの方が「将来的な点」で可能性があります。

dカード、dカード ゴールドでVISAを選ぶデメリット

国際ブランドとして大きな存在感を持つVISAですが、デメリットもあります。

Suicaチャージに関して

Suicaを利用している人にとってはこちらは少々残念と言わざるを得ない機能です。

但し、これはdカードのVISAだけではなく、どのVISAカードでも同じデメリットになりますので、dカード、dカード ゴールドのユーザーだけのデメリットではありません。

こちらは少々ややこしいのですが、Suicaアプリ内のチャージであればVISAも決済カードとしての登録は可能です。

但し、ApplepayのWalletではVISAはSuicaのチャージができません。

つまり、Suicaアプリの利用者にとってはさほどデメリットにはならないのですが、iPhoneユーザーでApplePayを利用している場合、VISAではチャージができないのです。

iPhoneの場合、ApplePayで様々なクレジットカードを登録しておけばショッピング時、とても便利です。多くのクレジットカードを管理できますし、Face ID搭載端末であれば暗証番号や指紋認証ではなく顔認証にてショッピングが可能です。

Masterでは問題なく登録できるものの、VISAではできない点を考えるとどうしてもデメリットと言わざるを得ないでしょう。

一部オンライン決済で利用できない

一部のオンライン決済ではVISAが利用できません。

これも「dカードのVISA」ではなく、VISA全般のデメリットになりますが、近年はネットショップの需要も高まっているだけに、オンライン決済で使えない点はデメリットとして挙げざるを得ません。

但し、全てのオンライン決済ではなく一部になりますので、普段利用するオンランショップでの決済で支障をきたしていないようであれば、特にデメリットにはならないでしょう。

VISAを付けた方が良い人

メリット・デメリットから、VISAを付けた方が良い人は国内のいろいろな所で頻繁にクレジットカードを利用する人や、あるいは新興国への旅行や出張が多い人。そして、Applepayを利用しない人になるでしょう。

国内ではAndroidよりもiPhoneユーザーの方が圧倒的に多いですが、iPhoneユーザーの全てがApplepayを使っている訳ではないはずです。

Applepayはとても便利であることは間違いありませんが、iPhoneユーザーでもApplepayを使う予定がないのであればVISAでも特に問題はありません。

dカード、dカード ゴールドでMasterを選ぶメリット

Masterを選ぶメリットもいくつかチェックしてみました。

Applepayを使いたいならMaster

これはVISAのデメリットでも紹介しましたが、ApplepayではVISAのクレジットカードだと利用できない機能もあります。

Suicaのチャージがその代表ですが、VISAではできないことでもMasterではできる以上、Masterのメリットと考えてよいでしょう。

Applepayをガンガン使っている人にとっては、VISAカードではどうしても不便ですが、Masterであれば不便さを感じることなくショッピングが可能です。

コストコを使うならMaster

国内のショッピングだけを見れば、MasterよりもVISAを使えるお店の方が多いです。

むしろVISAが使えずMasterだけが使えるお店の方が希少な存在ですが、そんな希少な存在の一つにコストコが挙げられます。

コストコは会員制の大型商業施設ですが、コストコでの会計で利用できるクレジットカードはmasterのみです。前はアメリカン・エキスプレス・カードだけだったのですが、契約が切れてマスターカードが後釜についたみたいです。

こちらもコストコを普段利用しているかしていないかによってデメリットの度合いが変わりますが、日常的にコストコを利用している人は、dカードはMasterにした方が使い勝手が良くなるのは言うまでもありません。

逆にdカード、dカード ゴールドにVISAを付けた場合、コストコでは買い物ができませんので、年間利用特典等、利用額を合算させる機会の損失になってしまいます。

特にコストコは一度の買い物でそれなりの額を使うという人も多いだけに、年間利用特典を見据えるのであればコストコユーザーはMasterの方が断然お得です。

コンタクトレス機能

dカード、dカード ゴールドのマスターカードにはコンタクトレス機能が搭載されています。

コンタクトレス機能とは非接触決済サービスです。簡単に言えばSuicaのように接触するだけで決済が可能なシステムです。

クレジットカードでの買物は暗証番号を入力するか、あるいは近年では電子サインなどがありますが、コンタクトレス機能の場合、それらさえ省略できます。

また、コンタクトレス機能の場合、クレジットカードを触れるだけで良いのでお店の端末にカード情報が残らないなど不正防止にも一役買っています。

まだまだ見かけない機能ではありますが、今後はコンタクトレス決済対応端末が増えていくことが予想されていますので、より便利な買い物が可能になります。

なお、ヨーロッパの方では割とよく、北米ではたまに見かける機能であるので、海外旅行に行くのであればこちらを選んでも良いかもしれません。

dカード、dカード ゴールドにでMasterを選ぶデメリット

機能的なメリットが目立つMasterですがデメリットがないのかもチェックしてみました。

国内では使えるお店がVISAよりも少ない

国内ではやはりVISAの方が使えるお店が多いです。

コストコのようにMasterだけしか使えないお店もありますが、全体的に見れば圧倒的にVISAの方が使えるお店が多いです。

どれだけ便利な機能が搭載されているとしても、使えない店舗の前では意味がありません。

自分自身が日常的に利用しているお店でMasterも利用できるのであれば大したデメリットではないと感じるかもしれませんが、例えば旅行先でクレジットカードを使おうとおもったら「VISAなら使える」というお店も出てくることでしょう。

その点はどうしてもMasterのデメリットです。

アメリカに行く機会が多い人はデメリット

Masterはヨーロッパに強いとされるブランドです。
そのため、アメリカ、さらにはアジアや南米の新興国ではMasterが使えるお店が少ないです。

それらの地域にあまり足を運ばない人にとってはデメリットというほどのものではありませんが、旅行だけではなく出張等でアメリカに行く機会が多い人にとっては、Masterだけでは心許ないでしょう。

Masterを付けた方が良い人

Masterのメリット・デメリットを考えると、やはりApplepayの存在が大きいことでしょう。

iPhoneユーザーで、さらにはApplepayをガンガン利用したいのであればマスターカードの方が使い勝手が良いです。

そしてコストコです。

家計の助けになるとも評判のコストコではMasterしか使えませんので、頻繁にコストコを利用する人もMasterの方が良いでしょう。

コストコを上手く活用すれば、dカード ゴールドに設定されている年間利用特典のクリアも決して難しくはないでしょう。

VISAとMasterの切り替えを検討したいなら

特徴を考え、VISAからMaster、あるいはMasterからVISAへの切り替えを検討したい方もいるかもしれません。

しかし、残念ながら国際ブランドの切り替えはできません。それでも切り替えをと考えている場合、一つだけ方法があります。

退会→再発行のみです

切り替えというよりも、退会からの再発行のみです。

残念ながらdカードの国際ブランドの切り替えは行えませんので、VISAからMaster、あるいはMasterからVISAのいずれにせよ、切り替えたいのであれば一度dカードを退会し、再入会することになります。

また、更新のタイミングであっても残念ながら解約からの再入会のみでしかブランドの変更は行えません。

再入会の場合の注意点

再入会の場合、一度退会していますので残念ながらポイントの引継ぎはできません。

dカードはポイントを貯めやすいクレジットカードですが、退会からの再入会になりますのでこれまで利用していたポイントはどれだけあるとしても消失します。

また、クレジットカード番号も変わりますので、引き落とし等でdカードを利用していた場合、全てクレジットカードを変えることになります。

ブランドの乗り換えそのものは退会からの再入会で行えますが、それまで貯めたポイントを放棄し、さらにはクレジットカード番号変更まで行わなければなりませんので、果たしてそれだけをしてでも変更する価値があるのかを考慮しなければなりません。

退会する際の注意点

どうしてもブランドを変更したいからと退会する場合、いくつか注意点があります。
これらを把握した上で退会するよう心掛けましょう。

残債がある場合

分割やリボ払い、あるいはボーナス払いなどでショッピングやキャッシングを行った場合、残債があるケースもあるのではないでしょうか。

残債があるにもかかわらずに退会する場合、残債を一括で支払わなければならないケースもあります。

少ない額であれば対応できるものの、それなりに残債が残っている場合、一括で請求されて困るケースも十分に考えられますので、退会する際には残債を0にしておくことです。

家族カードやETCカードも

dカード、dカード ゴールドには家族カードやETCカードも用意されています。
特にdカード ゴールドの家族カードは評価の高い一枚なだけに、活用している人も多いのではないでしょうか。

当然これらのカードも利用できなくなります。

特にETCカードの場合、使えなくなったことを忘れて高速道路に入ろうとしてゲートが上がらず、そこでクレジットカードを変えたと気付く…なんてケースも考えられます。

退会するのであれば、普段利用しているカードだけではなく、家族カードとETCカードも切り替わることになると覚えておきましょう。

ポイントは使い切っておきましょう

先にもお伝えしたように、変更する場合あくまでも退会→再入会という流れしかありません。

そのため、クレジットカード番号や利用期限など全てが変わります。

それまで貯めていたポイントもすべて消失することになりますので、ブランド変更のために解約からの再入会を考えているのであれば、ポイントは全て使い切りましょう。

dポイントはローソンやマツモトキヨシなどで実質5%のポイント還元があるなど、ポイントを貯めやすいクレジットカードですが、一方でdカードは1ポイント1円で様々な場所で使えます。

残しておいたところで全て消えてしまいますので、全て使い切ってから退会しましょう。

再入会の場合の審査の難易度

再入会の場合、適切な大会手続きを取っていれば入会できないということはありませんし、審査のハードルが高くなることもありません。

退会するまで滞りなく返済していれば基本的には再入会できるでしょう。

VISAとMasterで審査は違う?

ブランドを変更するにあたり、やはり審査が気になる方も多いのではないでしょうか。

それまで会員だったとしても、ブランドが変わる以上違う審査基準になるので退会して再入会をと考えていたものの、再入会できない…なんてこともあるのではと不安になっている人もいるかもしれません。

しかし、国際ブランドはあくまでも付帯されるものであって、どちらの国際ブランドでもdカードの審査は委託先である三井住友が行っていますので、三井住友が定めているdカードの審査に通過するかのみしか問われません。

そのため、ブランドによって審査が異なることはありませんので、それまで会員だった方であれば、乗り換えの不安はほとんどないと考えてよいでしょう。

それまでの「付き合い方」次第では…

滞りなくdカード、dカード ゴールドを利用していれば再入会は決して難しくはありませんが、それまでの付き合い方次第ではスムーズな再入会が難しいケースもあります。

ずばり、クレジットカード料金の支払いが滞りがちだった方です。

1回や2回程度の延滞でいきなりブラックリストに掲載されることはありませんが、dカード側としては「要注意」となります。

そのため、再入会の申請が来てもスムーズにOKを出さない可能性もあります。

裏を返せばそれまで一度も延滞・遅滞の無い方であればブランド変更の再入会はスムーズなものになるでしょう。

審査が厳しくなるケースもある

基本的に何も問題なくクレジットカードを利用していれば再入会はスムーズに進みますが、審査が厳しくなり、再入会ができなくなるケースもあります。

ステータスが変わった場合

それまで問題なく利用していたとしても、ステータスが変わっている場合、審査の基準も変わります。

例えば転職したことで前回の入会時よりも年収が下がったり、あるいは勤続年数が短くなっている場合、クレジットカード会社側の信用度が低下しています。

決して落ち度があるという意味ではありませんが、入会に当たっては退会した際のステータスよりも、入会時のステータスが大切です。

ステータスが全く変わっていないのであれば再入会も問題ありませんが、家族が増えた、借金が増えている、収入が減ったといった変化がある場合、再入会の審査に落ちる可能性もあります。

キャッシングの上限を増やした場合

クレジットカードの審査は申し込みに対して、申込者のステータスで大丈夫なのかを審査します。

同じステータスで同じ条件での入会であればスムーズに再入会できますが、申込内容に変化がある場合もまた、審査が厳しくなります。

具体的に言えばキャッシングの上限です。

退会時と同じ内容であれば再入会も難しくはありませんが、キャッシングの枠が増えればその分審査も厳しくなります。

スムーズに再入会したいのであれば前回と同じ額か、あるいは「後日検討」にしておくと良いでしょう。

ブラックリストに掲載された場合

いずれかの事情でブラックリストに掲載されてしまった場合もまた、残念ながら再入会は難しいです。

ブラックリストに掲載されると再入会はおろか他のクレジットカード会社やローンの申し込みなど、金融サービス全般が利用できなくなります。

退会から再入会までの間にブラックリストに掲載されることは現実的には考えにくいですが、例えば退会時に残債があったので債務整理をした場合、ブラックリストに掲載されてしまいますので再入会はできません。

ブランド変更は得か損か?

VISAやMasterの特徴、そしてブランド変更の際の手間などをお話しましたが、果たしてブランド変更はお得なのでしょうか。それとも損なのでしょうか?

あくまでも一回は退会しなければならないのです。それらを踏まえた上で、特になるパターンとそこまで得にならないパターンの人は以下になるでしょう。

ブランド変更が得になる人

変更したブランドの強みを活かせる人は退会からの再入会によるブランド変更もお得になります。

具体的に言えばApplepayを積極的に利用する人やコストコを年間100万円以上利用するような人はVISAからMasterに変えた方が良いでしょう。

また、アジアや新興国への出張が多い人はMasterからVISAに変えた方がお得になるでしょう。

iPhoneユーザーはVISAからMasterが良い

Applepayを利用するしないを抜きに、iPhoneユーザーであればMasterにしておいて損はないでしょう。

その時に使うつもりがなくとも、いずれ使う気持ちになるかもしれません。

特にポイントが貯まっていない人や、何かの支払いにdカードを利用している訳ではない人は、今後のためを思ってMasterにしておくのも良いでしょう。

ブランド変更する必要がない人

逆にブランド変更をする必要がない人や、ブランドを変えたとして、ブランドの強みをメリットとして享受しない人です。

例えば先の話に準えるのであれば、VISAでもコストコを利用しない人や、あるい

Applepayに興味のない人はわざわざブランド変更する必要性はありません。

むしろポイントの消失や各種手続きの煩わしさを考えると、かえって面倒なものになるでしょう。

不満がないならわざわざ変える必要がないという意見も

dカード、dカード ゴールドはどちらのブランドであれとても便利な一枚です。

現状、dカード、dカード ゴールドに不満がないのであればわざわざ退会からの再入会という面倒な手続きを経てまでブランド変更する必要はありません。

それまで貯めたポイントがなくなってしまいますし、再入会した場合にはクレジットカードの設定を一から行う手間を考えると、満足しているのであればわざわざブランド変更する必要はないはずです。

まとめ

dカード、dカード ゴールドのブランド変更についてチェックしてみました。

VISAにせよMasterにせよ世界的なブランドなので、どちらも信用という点では申し分ありません。

ブランド変更に当たっては退会からの再入会になりますので、その点を踏まえた上でブランド変更するだけの価値があるのかを考えてみると良いでしょう。

その点ではやはりApplepayの存在が大きくなりそうです。

dカードというよりも、VISAとMasterのApplepay利用時の機能の違いが大きな分岐点になることでしょう。

コメント