イオンカードはコンビニ支払いが可能か?

イオンカードを使いたいと思っているが、口座引落はついつい使いすぎてしまいそうで怖い…
出来ることなら毎月の支払額をしっかりとその手に感じられるコンビニ払いの方がいいと考えている人もいるかもしれません。
今回はイオンカードをコンビニ払いで支払うのは可能化について解説していきます。

基本的にコンビニ払いは出来ない

始めに言ってしまうと、基本的にイオンカードをコンビニ払いで支払うことは不可能です。
毎月の支払をコンビニで出来れば、ついついカードを使いすぎちゃう人にも優しいのですが…イオンカードは発行時点で引き落とし口座が紐付けられているので、それは出来ません。
というか支払い方法をコンビニ払いに出来るのは楽天カードくらいです。普通のクレジットカードはコンビニ払いは対応していません。
ただし、コンビニ払いで払う方法も無いわけではありません。

リボ払いはコンビニ支払い可能

イオンカードの支払いをコンビニ払いで済ますことは出来ませんが、裏技的にリボ払いはコンビニのATMで支払うことが可能になっています。
リボ払いの追加返済という形でコンビニで支払いをするわけですね。
つまり、リボ払いを設定して毎月の支払額を1万円に設定したとします。この場合、例えば10万円使っても1万円しか口座からは引き落とされませんが、支払い残高が9万円残ることになります。
この9万円分を返済に対応したコンビニやATMから直接支払うというわけです。
リボ払いの手数料がかかってしまいますが、どうしてもコンビニやATMで支払いをしたいと言う人はこれしか選択肢は有りません。
デメリットとしては、もし支払いを忘れるとどんどん支払総額が溜まっていって大変なことになると言うことでしょうか。
リボ払いはメリットもデメリットも極端な支払い方法ですので、この方法でコンビニ支払いを選ぶ場合は毎月の支払を絶対に忘れないようにしましょう。

支払いを辞める

リボ払いは嫌という人は支払いを辞めるという方法もあります。
イオンカードの引き落とし日に口座に現金が入っていないと、イオンカードよりコンビニ支払い対応のはがきが届きます。
この制度を利用して、引き落とし口座をカラにしておくことによりコンビニ支払いを可能にするという手もあります。
ありますが、オススメしません。というか本当ににっちもさっちもいかない、どんなペナルティがあろうともコンビニ支払いでなければ自分の命があぶないという場合にのみこの手は使いましょう。
クレジットカードというのは信用で成り立っているサービスです。これは「毎月の支払をちゃんと行う」「毎月の支払は引き落とし日にキッカリ払う」などが前提になっています。
引き落とし日に返済せず、返済を遅らせるとあなたの信用情報にキズがつき、今後クレジットカードを作るときやローンを組む時に難易度が上がるだけでなく、最悪の場合イオンカードに勝手に解約させられてしまう可能性すら有ります。
なので、いくらコンビニ支払いにしたいからといってこの手を使うのは辞めましょう。使う時は本当の最終手段としておきましょう。


コメント