イオンカードは専業主婦でも作れる?

イオンカード…CMでもよくやっているし、イオンにいってもいつも宣伝しています。
お客様感謝デーでは割引がきいたり、イオンシネマとかも割引特典がついていると聞くと、つい欲しくなってしまいますよね。
ただ…クレジットカードというものは、収入がある人のものです。クレジットカード会社は客にお金を貸して、月末に返済してもらっているわけですから、収入がない人には基本発行してくれないというのがセオリーです。
たとえ自分のお小遣いなどででやりくりできると言っても、それを判断するのはクレジットカード会社であるため、普通のクレジットカードを主婦が申し込んでも通らないことが多々有ります。
ですが…イオンカードは別にそういうことはないようです。

イオンカードは主婦でも作れる

イオンカードは主婦でも問題なく作れます。そもそも、イオンというものはその周辺から食料品を買いに来る主婦をメインターゲットとして商売をしているわけです。
そのイオンが主婦を締め出すなんて…意味がわかりませんからね。イオンカード側としては、最も利用者数が多いであろう主婦にこそイオンカードを作って欲しいと思っているはずです。
私はイオンカードは職業欄に主婦と書いた場合ある程度審査が軽くなるのではと踏んでいます。イオンカードを欲しがる主婦なんて、ほぼ100%イオンを日常的に利用している、イオンのメインターゲットですからね。
さて、次に実際にイオンカードに申し込む時の注意をお教え致しましょう。

審査は本当に大丈夫?

さまざまな理由により、主婦だから審査に通らないかも…と不安に思う人はいるかもしれません。
ですが、恐らくイオンカードは主婦だろうがなんだろうが過去の経歴さえマトモであれば基本的には審査に通るはずなのです。
過去の経歴というのは、すなわちお金を借りて、返したかどうかです。
アコムやプロミス、銀行でお金を借りたことなんて無いからやっぱり無理かな〜と思うかもしれませんが、実は現代社会に生きているのであれば、必ずどこかでお金を借りています。それは…携帯端末の購入時です。
携帯端末、つまりiPhoneやXperia、Galaxyといったスマホ、もしくはガラケーを購入する際、実質ゼロ円で購入しますよね?あれは実は「docomoやSoftBankからお金を借りて携帯端末代金を先に払い、携帯料金として返済している」のです。
月賦で購入ともいいますよね。月々の通信料に携帯端末料金の返済金額を合わせた物をいわゆる携帯料金として払っているのです。
月賦と言ってもやはり先に10万円近くするiPhoneなどの代金を借りて購入しているわけですから、これも「お金を借りた」に入ります。
そして携帯端末料金を2年掛けて払い終えたことが有るのなら、それはつまり「お金を借りて、返した」という事になります。
もし今まで携帯を月賦で一度も買ったことがないという人は審査が危ういかもしれませんが…携帯を買って、2年以上使い続けたことがあるのならば、審査の時に「この人はお金を借りて返したことがある」とみなされ、審査には普通に通るはずです。

インターネットから申し込もう

まず知っておきたいのが、カウンターで申し込むよりインターネットから申し込んだほうが圧倒的にお得という点です。
イオンの食料品売場の周辺などには、イオンカードを発行するためのカウンターがありますが…そこで作るのとインターネットから申し込むのでは、もらえる特典の差が天と地ほどあります。
それもそのはず、カウンターでカードを作る時は、やはりイオンはカウンターに人を雇って置いておくわけですから…インターネットから申し込む場合、その時給分特典が上乗せできるわけです。
今のところインターネットから申し込むとイオンカードのポイントであるときめきポイントが4000ポイントぶん付いてきます。
ときめきポイントは1ポイント1円として使うことも出来ますが、交換することも可能です。4000ポイントならイオンシネマペア鑑賞券、コードレススチーマー、加湿器などと交換しておつりが来ます。
クレジットカードで最も気にしたいのはやはり入会時に貰えるポイント量、ポイント還元率、そして貯まったポイントが何に使えるかですので…出来れば入会時に貰えるポイントは可能な限り多くしておきたいですよね。
インターネットから申し込む場合の方が手順も楽なので、是非ともこちらよりインターネットから申し込みましょう。

職業や電話番号はどうしたらいい?

申し込みの際に気になるのが、職業や電話番号の設定です。パートに出てれいばそのパート先を入力すればいいのですが、専業主婦の場合は書くものが有りません。
職業欄には夫の勤務先についての情報を書けばいいのかというと…別にそんなことはありません。
職業欄に専業主婦と設定すると、勤務先については聞かれません。そのまま申込情報確認画面に推移するのです。
そんなんで大丈夫なのかな…と思うかもしれませんが、先程も言いましたがイオンカードは可能な限り主婦を取り込みたいと思っているので、問題有りません。自信を持って専業主婦と書き込みましょう。

電話番号も各必要がありますが、この時の電話番号は個人の電話番号でも、家の電話番号でも構いません。自分が最も取りやすい電話番号を書き込みましょう。

電話確認は来る?

イオンカードは作りたいが、みんなに内緒でこっそりと作りたい…という人もいるでしょう。誰にもバレず、知らない間にカードを作って、知らない間に受け取って使いたい…みたいな感じで。
もしくは電話確認が単純に面倒くさく、出来るなら電話をかけてきてほしくないと思う人もいるでしょう。
安心して下さい、電話確認はありません。イオンカードは誰にでも簡単に、しかも電話確認といった面倒くさかったり、身内にバレてしまうようなことは無いのです。
ただ、何百人に1人くらいの確率で電話が掛かってくるという可能性はあるようです。宝くじに当たるような確率で電話が掛かってくる可能性もありますが…基本的には電話なしですんなり審査は通るはずです。

おそらくどんな主婦でも問題なく持つことが出来るイオンカード。早く持てば早く持つほどポイントを早く貯められるので…この機会に是非つくってはいかがでしょうか。


コメント